エリアマネジメント

エリアマネジメント

⇒ 城の西 オイコノミア

オイコノミアとは、経済学(エコノミクス)の語源となった古代ギリシア語です。同じ千円でも、地域で二回、三回と使えば、それが二千円、三千円の値打ちが生まれる地域経済の効果をねらっています。わたしたちが暮らす<城の西>をもっと住みやすく愉快なまちにしていきたい・・・城西地区連合自治会を中心に「城の西みらい構想」を創っていくための取り組みのひとつでもあります。

⇒ 城の西 パークマネジメント

公園や広場をもっと楽しいできごとに出会える、ワクワクする場所にしたい。草抜きやゴミ、落ち葉の清掃など管理だけでなく、地域のお年寄りからお父さん・お母さん、中高生、子どもたちまで多様な世代の人たちが、出会ったり、語らったり、支え合ったり。いざというときには人のいのちを守る場になるかもしれない。
そんなつながりと広がりの場として公園・広場を生かせるような取り組みを進めています(平成29年度 姫路市提案型協働事業)。

⇒ まちを楽しむ ~城の西 縁日~

縁日とは、有縁(うえん)の日。風土記の丘が点在する<城の西>は、西国街道の要衡の地。船場川の水運にもめぐまれ、古くから商業や文教の地として人が行き交いました。この地でふたたび良いご縁が紡がれますように。

⇒ 地域の学校 城の西

|地域の学校 城の西|は、城の西地域を「学校」にみたてた、地域社会の中にみんなの学びの場を展開していく活動です。地域の人材が「先生」に、地域の文化が「教材」に、地域の場所が「教室」になって、楽しく個性的な授業を、地域のみんなでつくりあげていきます。

⇒ 城の西 聞き書き事業

「聞き書き」とは、まちの記憶のこと
一人の「話し手」に対して、一人の「聞き手」が一対一でお話を伺います。話し手の生活や仕事の話などを聞き、その知恵や技、ものの考え方や生き方を学びつつ、歩んでこられた人生が浮かび上がるような文章にまとめます。
そのような方々を「聞き書きスト」と呼んでいます。
それぞれの地域に暮らし、活動されている人が持つ「まちの記憶」。
今回の講座では、姫路・城の西地域を中心に展開しますが、「聞き書きスト」となった方々は、それぞれの地域での話し手を見つけ、地域の財産を「まちの履歴」として伝え残してください。

平成29年度以前

⇒ JR姫路駅北駅前広場の取り組み


⇒ 城の西 マップ
<城の西>で住まうためのお役立ちマップです。表面は、安心して暮らすのに欠かせない病院・市民センター・公民館・郵便局などを掲載した「暮らし上手マップ」。裏面は、スーパー・レストラン・ケーキ屋さん・クリーニング屋さんなどショップ満載の「遊び上手マップ」。<城の西>快適ライフにお役立てください。播磨国風土記の丘伝説も載ってます!


⇒ まちをことほぐ ~城の西 バースデイ~
城の西は、市川の伏流水に恵まれ、昔から酒蔵が並んでいた町です。この町にあったお酒の文化に想いを巡らし、いろいろな町の地酒を、蔵の個性や味わいのちがいを比べながらいただきましょう。


⇒ 城の西~水ものがたり
風土記の丘が点在する<城の西>は、西国街道の要衝の地として古くから商業や文教の地として栄えました。それは同時に、市川・船場川水系と夢前川水系・水尾川とにはさまれ水に恵まれた<水のまち>としての、利水・治水の歴史でもありました。

PAGE TOP