設立趣旨

設立趣旨

1 趣旨

経済成長をとげた日本社会ですが、経済を優先するあまり本来あるべき大切なものを失いつつあります。少子化の背景には親が子育てしにくい様々な要因があり、食の多くを海外に依存すれば地域の伝統的な食文化や担い手が失われ、大量消費の裏には自然破壊、ゴミ問題そして地球温暖化といった問題があり、このまま放置すれば将来世代に大きなつけを回すことになります。

その本来あるべき大切なものとは「多様なつながり」です。人と自然、人と地域、人と歴史や伝統、そして人と人とのつながりを紡ぎなおしていくことが必要です。
そこで、姫路市内でスロービジネス研究会などの活動に取り組んできた有志を中心に、私たちは、特定非営利活動法人スローソサエティ協会を設立し、子育て家庭支援事業、地域資源の自給と循環を推進する事業、自然環境を守るための普及啓発事業、市民の寄付文化醸成に関する事業、地域での多様な人的ネットワーク構築事業に取り組んでいきます。

今回、法人として申請に至ったのは、上記の諸活動を地域に定着させ、より多くの方々に参加していただき、継続的に広げていくためには、社会的な公的組織とすることが必要と考えたからです。また、活動資金を確保するために寄付金を募集する際にも、信用のある公的組織であることが必要であると考えます。

法人化することにより、組織を発展、確立することができ、これまで以上に理解者・協力者の数を増やし、活動の幅を広げることができます。また、活動にかかるお金の流れの透明性を高め、地域社会に情報公開することを通じて市民活動に対する寄付文化を醸成することができます。それらを通じて、経済成長だけでない多様な豊かさを追求し、その豊かさが将来世代に渡って持続する地域社会づくりに寄与することができると考えます。

2 申請に至るまでの経過

平成15年 6月  スロービジネス研究会を発足。毎月1回、講師を招い
て自主研究。
平成16年 9月  菜の花プロジェクトの取り組みを開始。
平成17年 4月  任意団体「スローソサエティ協会」を設立。
平成17年 6月  連続講座「大豆からみえるスローライフ」を開催
(18年4月まで8回)。
平成17年 6月  雑穀を使った料理教室「つぶつぶクッキング教室」
を開催。
平成17年12月  100万人のキャンドルナイト?城の国から2005冬至
を開催。
平成18年 5月  ひめまま☆さろんを開始。託児付きで毎月4回の
さろんを開催。
平成18年 6月  フィール・スロー倶楽部を結成。毎月2回の食イベント
を開催。
平成19年 3月  任意団体「スローソサエティ協会」を特定非営利活動
法人として推進する方向性を決定し、設立総会に向
け準備を開始。
平成19年 5月  設立総会開催。

平成19年5月14日
特定非営利活動法人スローソサエティ協会

PAGE TOP